長崎市における解体工事依頼のポイント

長崎市における解体工事依頼のポイントをまとめます。

弊社において、非常に多いお問い合わせのひとつが「解体したいんだけどいくらくらいかかる?」というご質問です。

このご質問、お気持ちはよくわかるのですが解体工事においては現場条件により金額は大きく変わってしまいます。

そこで今日は、お客様が業者選定にお困りの際により比べやすくするためのポイントをまとめていこうと思います。

本日は、長崎市をとりあげます。

業者により得意不得意がある

さて、まずお客様に知っていただきたいのは、解体工事と一口に言っても業者によって得意不得意があるということです。

例えば、大きいビルの解体工事を得意とする業者や民家などの木造家屋の解体工事を得意とする業者という感じですね。

この得意不得意を考えていけば、おのずとお客様の物件にあった業者選定ができてきます。

なぜビル解体と民家解体などの得意不得意が分かれてしまうのでしょうか?

一例として、所有重機の問題があります。

例えば、大型の重機はビル解体においては必須になってきますが、民家においては大きくて邪魔です。

逆もまたしかりで、小型の重機は民家解体において小回りが利いて便利ですが、ビルなどの解体工事においては大型の重機のほうが効率がいいです。

一般的に建設業者は得意とする分野の重機を自社保有し、そうでもないものはリースの重機(レンタルのことです)などを使用しています。

この時、自社所有の重機を使える現場であればリース代がかからないため見積価格が違ってくるわけです。

そのため、夢進では屋内でも使えるような小型の重機からビルや学校校舎を解体できる大型の重機まで自社で保有しています。

ただ、その会社がどのような解体工事用の重機を保有しているかってわかりませんよね。

ではどうやって見分けるか?

お客様が判断材料にできるポイントとしては、業者のホームページが一番わかりやすいですね。

一例として、夢進のホームページですと、施工実績例を閲覧していただくか、今読んでいただいているスタッフブログです。

こういったページはホームページを持っている業者だと確実に作っているページです。

なので、そのページで大きな物件をメインに解体工事している業者なのか、民家解体を主体にしているのかわかります。

解体工事業者選定の際に業者に伝えたほうが良いこと【長崎市編】

業者により解体工事の中でも得意不得意があることをわかっていただけたかと思います。

お客様が民家を解体してほしいというご希望だとして、民家解体が得意そうな業者を数社選ばれましたら、実際に見積もりを依頼しみましょう。

これを伝えておけばスムーズに業者選定ができるかと思います。

※見積もりを依頼する前に、見積もり自体は無料でできるか念のため確認しておきましょう!

1.建物の種類

まずは建物の種類をご説明ください。

コンクリート造や木造といった大まかなくくりで構いません。

「木造2階建てです」

といった感じですね。

2.物件の広さ

これはお分かりにならないかたもいらっしゃるかと思いますが、できれば大まかにでもお伝え願えればと思います。

土地がどのくらいの広さで、そこにどのくらいの広さの家が建っているなどと伝えていただければ、業者は使える重機の選定の参考にすることができます。

3.物件までの道路状況

物件までの道路状況も重要な項目です。

特に長崎市の場合、階段でしか物件までたどりつけない場合などが多いですよね。

また、道路がつながっている場合でも広い道路がつながっているのか、狭いのか。

こういったことが、物件を重機で解体できるか人力解体なのかを左右します。

人力解体の場合、正直に申し上げてかなり高額になるケースがございます。

もちろん、物件によりますので一度ご相談いただければとは思います。

夢進の場合、人力解体においては同業者様に「もう終わったの!?」と言われた経験もございます。

早く終わるということはそれだけ人件費がかかりませんので、工事金額が抑えられます。

また、道路沿いであっても混雑する時間帯がある等、お見積もりにかかわってくる要素が大きいのが道路状況です。

この点につきましては、ご自身の土地が道路に面していない場合でも、お隣の土地をお貸しいただければ重機での解体が可能であったり、ほかにやり方があったりなど業者でないとわからない場合もありますので、やはり現地を一度業者に見せたほうが確実です。

基本的には現地を業者に見せる

これまで書いてきたのはあくまでお電話等で業者にお問い合わせいただく際にお伝えしていただければスムーズになるというポイントでした。

正式なお見積もりの際には現地を拝見してからになる業者がほとんどだと思います。

また、お客様のほうでも先ほどの項目を業者にお伝えくださった際にすでにある程度何社かに絞られていると思います。

電話の対応であったり、現地状況をお伝えくださったときの業者の反応であったり。

やはりどれだけ安くても対応の悪い業者には頼みたくないというお客様がほとんどです。

見積が無料か確認しよう

ここで注意点ですが、業者にお見積もりを依頼される際は、見積もりが無料かどうか念のために確認しましょう。

ほとんどの業者が見積もりは無料だと思いますが、念のため…

よく、このような職種のHPだと「見積もりは無料!」とかって書いてありますよね。

どこも書いているので、逆に見積もりが無料じゃない業者っているのか?と思ってしまいますが、誤解を与えないため、夢進のHPにも「見積もりは無料」ってかいています(笑)

夢進の得意分野

今までの文章はほとんど、夢進以外の業者様にお客様がお問い合わせいただく際のポイントについて書いたものでした。

さすがに、自社のHPで自社のことを書かないわけにもいかないので、弊社の得意分野について書いておきます。

まずは本文中で書きました「所有重機」による得意不得意になるのですが、夢進では超小型の重機から一般的に大型といわれる0.7クラスの重機まで所有しております。

ですので、小規模の民家解体(小屋なども含む)からビルなどの大型の物件まで、得意分野としております。

このように全般的に得意と書くと、広く浅くやっているように思われるかもしれませんが、そうではありません。

単純に、夢進は解体工事の経験年数が長いという理由です。

夢進は平成元年からいろいろな物件を解体するなかで得られた経験があります。

特に、解体工事を専門とする業者が少ない時期から解体工事を手掛けてきたため、自社で施工するしかないという状況が何度もありました。

そのため、特に偏ることなく、どのような物件でも解体できる業者となりました。

ちなみに、物件数だけでいえば民家の解体工事が圧倒的に多いです。

ビルはコンクリート造がほとんどですので、そもそも建物自体の寿命が長く、解体工事をしなければならない物件というのが少ないからですね。

木造解体こそ経験がものをいう

よくある誤解に、木造解体のほうがコンクリート造解体より簡単だというものがあります。

実はこれ、実際は逆の場合が多いです。

コンクリートのように強度がない木造の解体は、解体する方法を間違えてしまうと本当に危険です。

一気に倒壊してしまう危険がありますからね。

コンクリート造ももちろん危険ではあるのですが、コンクリート造は建物自体の強度も高いので、少々のことでは一気に倒壊するということはありません。

シロアリ被害や経年劣化による倒壊しかかった建物など、木造解体は解体を難しくする条件が色々あります。

夢進はそういった物件も、何度も解体してきました。

もし、強度上不安な面のある物件の解体を検討されているのであれば、豊富な経験を持つ夢進にぜひ一度お問い合わせください。

まとめ:長崎市で解体工事を依頼する際のポイント

解体工事一般の話が長くなってしまって申し訳ありません…

本題は長崎市で解体工事を依頼する際のポイントでした…

最後にまとめておくと、長崎市における解体工事依頼のさいのポイントは道路状況です。

長崎市は斜面地や道路が狭い、そもそも道路に面していないなど、道路状況に左右される部分が非常に大きい地域といえます。

また、このような状況に業者が慣れているかどうかというのが非常に大きなポイントです。

なので、ぜひ現地を業者に見せてみてください。

現地を拝見しにこないという業者さんは選択肢から除外して大丈夫だと思います。

よく、見積もりを頼んで現地まで見せたら断りにくい…と心配されるお客様もいらっしゃいます。

しかしながら、ご安心ください。

見積もりを出したからって仕事が決まると思っている業者なんていません。

なので、気に入らなければ断っていただいて大丈夫ですよ!

少なくとも夢進は、しつこく営業の電話なんてしませんので、気軽に見積もり依頼をいただければと思います。

夢進に解体工事の見積もりをご依頼なら、お電話(0957-82-8780)かメール(yumeshin@eco.ocn.ne.jp)、お問合せフォームよりお問い合わせいただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!

未分類の最新記事8件